« 喫茶 沙婆裸 | トップページ | 純喫茶 車 »

2012年11月28日 (水)

代々木会館(エンジェルビル)

訪問日:2012年11月12日

Engel1
こちらは、代々木駅前にあるビル「代々木会館」。このビルは、1974年〜75年にかけてNTVで放送された伝説のテレビドラマ「傷だらけの天使」で主人公の修(ショーケン)と舎弟の亨(水谷豊)が屋上のペントハウスに住んでいた事で有名なビルです。なので、今更私のような普通のファンが取り上げなくてもマニアの方のHPがあるので詳しい事は書きませんが、数年前から取り壊しが噂されているので、改めて様子を伺ってきました。

Engel2
私はこの代々木会館がある通りの病院で生まれた事や、学生時代に代々木の学校に通っていた事もあり、この場所へは数えきれない程訪問していますが、今回久しぶりに訪問してみると、ご覧の通りビルの入り口が改装されていました。どうやら現在、正面の階段は3階にある書店の専用出入り口になっているようです。

Engel3
しかし、ドアをくぐると階段の様子に変化はありませんでした。とりあえず一安心。

Engel4
ビルの案内板やポストも健在。

Engel5
階段も「傷だらけの天使」の撮影が行われた当時と何も変わっていないようです。

Engel6
数年前まではペントハウスがある屋上の扉まで上がれたのですが、現在は3階以上は上がる事が出来ませんでした。

Engel7
またそのうち様子を見に来ようと思います。

代々木会館
東京都渋谷区代々木1-35-1


訪問日:2015年1月29日

1
前回、
2012年11月に訪問しましたが、近くまで来たのでま た様子を見に来ました。「傷だらけの天使」が好きな人なら皆さんご存知の通り、コチラの代々木会館はずいぶん前から取り壊しの噂があるのですが、とりあえ ず健在のようでまずは一安心です。訪問したのが早朝だったため入り口が開いておらずビル内に入れなかったので、外観だけ写真に収めてきました。

 

2
一階部パチンコのネオンサイン。

 

3
パチンコの看板。

 

4
ビルの入り口の上にある二階飲食店街の看板。

 

5
あまり目につきませんが、ビル側面の奥の方にもビリヤードや小料理店の看板が複数あります。

 

6
地上からでもわずかにペントハウスが見えます。

 

7
また近くまで来る機会があったらレポートします。

 

代々木会館
東京都渋谷区代々木1-35-1

 

|

« 喫茶 沙婆裸 | トップページ | 純喫茶 車 »