« 愛知県 | トップページ | 喫茶 軽食 コロンボ »

2012年12月13日 (木)

鉢地坂モーテル群

訪問日:2012年11月28日〜29日

※この記事には心霊写真かも知れない写真が含まれていますのでご注意下さい。

4731
今晩は愛知で宿探し。沼津ICから東名高速に乗り名古屋方面へ。ですが、名古屋まで行ってしまうと昭和のモーテルが発見できない可能性が高くなると思い、あえて少し手前の音羽蒲郡ICで降りました。そして国道1号をひたすら直進。しかし、この辺りは予想以上に何も無く、いくら走ってもモーテルの看板が出てきません。このまま進んでも期待は薄いと思い、途中で1号を外れ山道の473号に入りました。そして、街灯も無い細い上り坂をひたすら直進。辺りは静まり返っており、私たち以外に車は走っていません。

4732
しばらくすると、ようやく良さげなモーテルが見えてきました。

4733
宿泊料3.500円?安過ぎ。

4734
とりあえず門をくぐってみる事に。敷地内はまるで本物の城のようです。しかし、ガレージのシャッターは降りており、先には侵入禁止の札が立っています。そして階段には大きな板が、、、。そんなこんなで、何となく泊まれる状況ではないような気がしたので諦めました。

4735
更に走ると、すぐにまたモーテルの看板が見えてきました。こちらも宿泊料3.500円。ぼちぼちこの辺りで宿を決めたいところです。とりあえず中へ。

4737
しかし、建物を見ると(昭和のモーテルという観点から)理想とは違う雰囲気だったので、もう少し他を探してみる事にしました。

4738
引き続き山道を進むと、次ぎから次ぎへと廃業したモーテルが見えてきます。そして次第に坂が急になりカーブが増えてきたところで、古い小さなトンネルに差し掛かりました。私はそのトンネルを見た瞬間、一瞬にして鳥肌が立ち、慌ててブレーキを踏みました。とてもイヤな予感がしたので、すぐにUターンして立ち去りましたが、その時に撮影した写真に奇妙なものが写り込んでいました。写真の左側にある白い看板の右上辺りに人の顔のようなものが写っているように見えます。(写真をクリックすると拡大になります。)もしかして、フロントガラスに自分たちの顔が映ったのかとも思いましたが、それにしては顔が小さ過ぎますし、フロントガラスは斜めになっているので、ダッシュボードしか映り込みません。いずれにしても、そのトンネルの事が気になったので後でネットで検索してみると、そのトンネルは「鉢地坂トンネル」といい、地元では有名な心霊スポットなのだそうです。

4739
少し話しが逸れましたが、結局この辺りで理想的なモーテルは発見できず、気がついたら岡崎IC付近のホテル街まで来ていました。もう深夜2時頃になり疲れてしまったので、適当なところでチェックインする事に。

47310
そして翌朝。473号のモーテル群が気になっていたので、改めて訪問してみました。(以下のホテルは全て473号沿い、国道1号から鉢地坂トンネルの短い間に並んでいます。)

47311
夕べはこの道で車とすれ違いませんでしたが、日中はそれなりに車通りがあるようです。

47312
昼間に見ると、見え方が大分違います。

47313
営業していれば入ってみたかった。

47314
ここのホテルが一番ツボです。最高。

47315
夕べは気がつかなかったホテル。更に細道を上がった所にあるようです。

47316
コチラのホテルはそれほど古くないようです。

47317
またしても城。

47318
一番高い場所にあったホテル。この先に鉢地坂トンネルがありました。

47319
この看板が現在の鉢地坂の全てを物語っているような気がします。

|

« 愛知県 | トップページ | 喫茶 軽食 コロンボ »