« 純喫茶 パール | トップページ | カフェテリア 志賀 »

2013年2月 6日 (水)

喫茶 ニューコロムビア ※閉店

訪問日:2012年12月24日

Corombia1
続いて訪問したのは喫茶「パール」のすぐ近くにある、喫茶「ニューコロムビア」。コロムビアというと、私的にレコードレーベルのイメージが強いですが。

Corombia2
階段を下り店内へ入ると、比較的若いマスターさんが迎え入れてくれました。内装の素晴らしさは事前にチェック済みでしたが、さっそくマスターさんに「素晴らしいお店ですね。」と話しかけると、「古いだけだよ。」笑っておられました。

Corombia3
「内装のデザインはマスターさんが手がけられたのですか?」と伺うと、「いや、親父が全部やったんだよ。」との事。マスターさんは二代目なのだそうです。開業はなんと昭和31年。元々は1階に店を構えていたそうで、十数年後に地下へ移ったのだそうです。(一時期は1階と地下1階の両方で営業されていた時期もあったとの事です。)聞くのを忘れてしまいましたが、1階で営業されていた時は店名の”ニュー”が無く、ただのコロムビアだったのかも知れません。

Corombia5
一段下がった奥のスペースは節電のため電気が消えていましたが、写真撮影のためにわざわざ電気を点けてくれました。

Corombia6
「これだけ素晴らしいと、内装目当てのお客さんも多いんじゃないですか?」と聞くと、「ん〜、年に2〜3人はそういう人も居るけどね。この前も絵描きが来て、絵を描いて行ったよ。まあ、そういう客は1度来たらもう来ないけどね(笑。」とおっしゃっていました。こちらのマスターさん、面白いです(笑。昔はお客さんも多かったそうですが、今は駅前にデパート等があるため、駅から少し離れたこちらの方までは人がなかなか来ないのだそうです。「お客さん来ないから暇でさ〜、さっきまで水槽の掃除をしてたよ。」と笑っていました(笑。

Corombia8
写真では判りづらいですが、壁のほぼ全面に起毛素材の壁紙が張られています。

Corombia10
コーヒーで一服。

喫茶 ニューコロムビア
新潟県長岡市大手通2-2-11
TEL 0258-32-0628

|

« 純喫茶 パール | トップページ | カフェテリア 志賀 »