« 茶房 酒房 季の花(ときのはな) | トップページ | 喫茶 木馬 »

2013年5月 1日 (水)

寒河江市庁舎(寒河江市役所)

訪問日:2013年3月26

Sagae2
今日は朝一番で念願の寒河江市庁舎(さがえしちょうしゃ)にやってきました。この角張った佇まい、痺れます。寒河江市庁舎が建設されたのは高度成長期真っただ中の1967年(昭和42年)。設計は「中銀カプセルタワービル」等で知られる黒川紀章氏によるもので、2003年に近代建築の記録と保存を目的とする国際組織ドコモモ日本支部において、「日本近代化建築100選」に選定されたそうです。ご覧の通り上部二階が極端に張り出しているのが大きな特徴です。

Sagae3
この坂を上がると正面入り口があります。

Sagae6
強烈なインパクトを放つドアノブ。実はこの寒河江市役所、何と岡本太郎氏と黒川紀章氏のコラボなのです。凄過ぎ。

Sagae8
天井まで吹き抜けになったロビーには岡本太郎氏のオブジェがチェーンで吊るされています。それにしても凄い眺め。直線で構成された建物とは対照的にオブジェは全てが曲線なので、それぞれが引き立っています。

Sagae10
吹き抜けを見上げると天井に吸い込まれそうです。凄い迫力なので、PCでご覧の人は、ぜひ写真をクリックして拡大してみて下さい。(拡大)

Sagae12
木製のカウンターも凝った作りをしています。

Sagae16
椅子もお洒落。床の3色の三角形タイルは、色も向きも不規則に構成されています。

Sagae18
続いて、木製のドアから二階へ。

Sagae19
階段も建設された当時から何も変わっていないようです。ご覧の通り、階段スペースはやや薄暗いです。

Sagae20
二階からロビーを見下ろした様子。床のタイル模様が空間全体を引き締めています。

Sagae22
一通り建物を眺めた後、一階カウンターの脇にある売店で牛乳を買って飲みました。瓶は自分の土産に持ち帰り。

寒河江市庁舎(寒河江市役所)
山形県寒河江市中央一丁目9-45

|

« 茶房 酒房 季の花(ときのはな) | トップページ | 喫茶 木馬 »