« 三沢市アーケード商店街 | トップページ | 道頓堀街 »

2016年4月 8日 (金)

第一食堂

訪問日:2015年8月23日

01
前回の記事でご紹介した「三沢市アーケード商店街」を散策中、商店街の外れに素敵な食堂を発見しました。こちらは「第一食堂」。今までにもそれなりの数の食堂を見てきましたが、これほど味のある佇まいの食堂は珍しいかも。写真では建物の大きさを比較するものが無いので伝わりにくいですが、とにかく小さいです。平均的な身長の大人なら少し腰を屈めないと入れない大きさです。暖簾が仕舞ってあるので営業はしてないようですけど、店頭の椅子に置かれた鉢の様子からして現役の可能性が高そうだったので、ダメ元で戸を叩いてみました。

 

02
すると、奥からお店のおばあちゃんで出て来てくれました。「スミマセン、今日はお休みですか。」「今から開けるわよ。どうぞ〜。」ラッキー!思い切って戸を叩いてみて良かったー。でも、さっき三沢駅でカレーうどんを食べたばかりでお腹が満腹です。どうしよう(汗。

 

03
入店すると、テーブルの上には食器類、椅子の上にはラップやティッシュが置いてあり、かなり密度の高い店内にちょっぴり驚きましたが、こーいう個性的なお店は大好き。よく見ると冷蔵庫にもティッシュが貼り付いていたりして、限られたスペースを有効活用しています。

 

05
席へ座らせて頂きましたが暖簾は仕舞われたままです。やっぱり入店が早過ぎたかなぁ。ちょと申し訳ない感じ、、、。

 

06
テーブルにはブルドッグのウスターソース、S&Bの一味唐辛子、味の素などの市販品調味料が置かれていて庶民感も高めです。

 

07
メニューはカレーライス、カツ丼、ラーメンなど定番メニューが一通り揃っています。でも、既にお腹がいっぱいなのでなるべく腹にたまらないものを注文しないとなぁ。そうだ、ざるそばにしよう。

 

08
待つこと10分か15分。
おばあちゃんが丁寧にちぎった海苔の乗ったざるそばが運ばれてきました。しかし、予想以上に量が多くてびっくりです。ヤバイ、食べきれるかな、、、と思っていると、更に追い打ちをかけるように沢庵の乗ったごはんが運ばれてきました(汗。「あ、ごめんなさい、ごはんは要らないです。」「遠慮しなくてイイのよ。」「いや、そんなに食べられないんです。ごめんなさい(汗。」「あら、そう?」何だか申し訳ない気持ちでいっぱいになってきましたが、恐縮ながらそばだけ頂く事に。途中、食べ切れず残そうとも思いましたが(味は美味しいです)、せっかくお店を早く開けて作ってくれたのに残すわけにもいかず、頑張って完食しました。普段なら満腹な時に食堂に入るなんて馬鹿な事はしないんですけどね。今回は特別です。

 

第一食堂
青森県三沢市中央町2-7-14

|

« 三沢市アーケード商店街 | トップページ | 道頓堀街 »