« 珈琲 ドルミ | トップページ | 喫茶 エルボン »

2016年10月 2日 (日)

円形校舎 倉吉市立明倫小学校

 
今日は時間があるのでレポートに入る前にちょっとしゃべろうかな。先週の話になるんですけど、某有名雑誌さんから「喫茶特集をするのでご協力頂けませんか」と相談を受けたんですよ。まあ、こーいうブログをやっているとテレビや出版社さん等からよくそーいったご相談を頂くので割に合えば引き受ける事もあるんですが(ちなみに今年はテレビ東京さんの「空から日本を見てみよう」や、辰巳出版さんの「昭和ラブホテル大全」等に協力させて頂きました)、今回の相談
は超驚きましたよ。どんな協力をするのかとりあえず電話でお話を伺ってみたところ、僕が過去に訪問した喫茶6件の紹介文を1件につき150字(計900字)ほど書いて欲しい(それプラス写真を貸して欲しい)と言われたんですね。で、それなりに大変そうだと思ったんでストレートに「ギャラは幾らになりますか」って聞いたんですよ。したらビックリですよ!ギャラの代わりに本にブログ名を載せるですって!!やるわけねーじゃん!!!

という事でレポートに入ります。

 

01
去年、室蘭の「絵鞆小学校」に魅せられて以来すっかり円形校舎好きになってしまったのですが、この鳥取県にも古い円形校舎があるという事でさっそく訪問してみました。こちらの「倉吉市立明倫小学校」は何と国内に現存する最も古い円形校舎なんですよ!調べによりますと竣工は昭和30年で昭和46年まで校舎として使われたそうなのですが、老朽化により平成18年に閉鎖となっています。

 

02
最上階(3階)の窓が板に覆われていますね。詳しい事はよく分からないのですが、
一時は解体計画が持ち上がったものの、市長さんが方針を変更して民間譲渡する事になったそうです。何やらフィギュア(人形)博物館として保存する話があるみたいですが、今のところそのままの状態のようです。

 

03
昭和30年築なだけあって、窓枠は木製です。

 

04
あ、こっちの戸から内部が見えるぞ。

 

05

うわー、この大きなシンクも竣工時のまんまですね。

 

06
奥の中央にモダンな螺旋階段が少し見えます。いつかフィギュア博物館として開放されたらまた訪問したいな。ちなみに、国内に現存する古い円形校舎はほぼ訪問済みなので、そのうちご紹介します。

 

円形校舎 倉吉市立明倫小学校
鳥取県倉吉市鍛冶町1-2971-2

|

« 珈琲 ドルミ | トップページ | 喫茶 エルボン »