« 浦和競馬場 売店 | トップページ | 銀座小路 »

2017年7月 2日 (日)

純喫茶 木馬

 

01
今日は静岡の清水へやってきました。あ、最近静岡のレポートが多いですがたまたまです。訪問したのはもう1年くらい前なのですが、そろそろ記事を書かないと記憶がどんどん薄れてしまうので忘れないうちにレポります。この辺りを歩くのは初めてですが、清水って素敵な町並みが多いですね。さっそく向こうに気になるテントが見えますよ。

 

02
おー、どうやらサテンのようです。

 

03
並びのお店もイイ感じ。

 

04
紫色のドアに手書きで「純喫茶 木馬」と書いてあります。ステキな字だなー、特に純喫茶の方が。この文字から醸し出される雰囲気からしておそらく60年代に開業したお店だな。営業中のようですし何はともあれお邪魔してみましょう。

 

05
ドアを内側から見た感じ。このひび割れと文字の絡みが絶妙です。

 

06
入店するとお客さんは居らず、マスターさんがカウンターで音楽を聴いていました。ところで、マスターさんが経営するお店に大きな花が飾られているのはわりと珍しいかも。もしかしてマスターさんの奥様がお店を手伝う時もあるのかな、と思ってみたり。

 

07
とりあえず一番手前のテーブル席へ座らせて頂きました。紫色のガラスドアが店内をほんのり紫色に染めています。

 

08
照明が控えめで落ち着くなぁ。ガ
ラスシェードの分厚い照明もツボです。

 

09
奥の壁は石が張られています。お金かかってるなー。記憶が間違っていなければ、確か開業は50年ほど前とおっしゃっていたと思います。

 

10
店内はカウンターとテーブル席2つのわりと小さなお店です。

 

11
コーヒーで一服。


純喫茶 木馬
静岡県静岡市清水区江尻町3-6

|

« 浦和競馬場 売店 | トップページ | 銀座小路 »