« 純喫茶 ブラジリア | トップページ | 喫茶 パーラー 風月 »

2018年12月 9日 (日)

通町商店街

 

01
西都城レポートの途中ですが、訳があって少しの間、場所がピョンピョン飛びます。という事で、今回は倉敷の港町玉島にあるアーケード「通町商店街」をご紹介します。倉敷市の公式サイトによりますと、この
通町商店街は玉島で最も古い商店街なのだそうで、創業100年を超える商店もあるとの事ですが、アーケード入口の手前には玉島港へと続く川が流れていまして、アスファルトの下には橋杭が連なり物凄い迫力の立体感です。入口の右手にある木造家屋は商店街の一番手前にある商店の側面になるわけですが、よく見ると瓦屋根が陥没して傾いています。

 

02
こちらはアーケード入口の左手にあるモルタルの看板建築。この看板建築は言うまでもなく木造なわけですが、裏にある三角屋根の頂点を半円の壁で隠しているところが面白いです。この建物も商店街の一番手前にある商店の側面にあたるわけですが、この光景、超ド級のタイムスリップ感じゃないですか?

 

03
ドアや窓はかなり朽ちています。

 

04
では、アーケードへ入ってみましょう。

 

05
入口付近は少しカーブしているんですね。商店は網で覆われていたり解体されて空き地になっている部分もあるようです。

 

06
昭和30年代全開の洋品店。赤い看板がカワイイー。

 

07
現役の商店も幾つかあるようですね。日の丸がやたらマッチしています。

 

08
またやってしまった。こちらの食堂、何で入らなかったんだろう。

 

09
反対側の出入り口から見た様子。写真には人が写っていませんが、通り抜けるまでに3〜4人とすれ違ったかな?といった具合でした。

 

10
川に映る通町商店街。

 

通町商店街
岡山県倉敷市玉島2 辺り

|

« 純喫茶 ブラジリア | トップページ | 喫茶 パーラー 風月 »