« 椿町周辺 | トップページ | 喫茶と軽食 すず »

2019年1月25日 (金)

スタンプラリー


ここ1〜2年、「スタンプラリー」という言葉をよく耳にします。ここでいうスタンプラリーは、特定ジャンルのスポットを巡る際にそのスポットについて深く知ろうとせず、単に「どれだけの数を巡ったか」という事にとらわれた巡り方をする人に対して批判的な意味で使われる言葉です。

確かに、「みんなが行っている場所だから自分も行かなきゃ」とか「経験値を積んで自分を大きく見せたい」など原動力が他人の目を気にしたものになっている場合や、「あのマッチを持ってないから自分も欲しい」といったようなコレクターが陥りやすい「数を揃える」事にとらわれた巡り方をしていればスタンプラリーだと言われても仕方ないでしょう。ですが、はたから見てその人の行動がスタンプラリーに見えたとしても、必ずしもその人がスタンプラリー化しているとは限らないのです。僕もそうですが、巡った数については結果に過ぎませんし、本当にそれが好きなら、出来るかぎり沢山のものを見たり体感したいと思うのは必然的な事で、決して間違った事ではありません。

とはいえ、スタンプラリーの何が悪いのでしょうか。スタンプラリーだって立派な趣味だと思いますし、本人が楽しんでいるのならそれで良いと思います。そのスポットについて詳しい知識がなかったとしても、感じ方や感動の仕方は十人十色ですから、他人から見てつまらない行動に思えたとしても、本人は感動している場合だってあるのです。

そもそも、趣味なんてものは自分が好きなようにやったら良いんです。趣味というものは「自分がどれだけ満足できるか」が重要であって、言ってみれば究極の自己満足です。他人の為にやってるんじゃない。もちろん、それが自然と人のためになればそれに越した事はないですけどね。だから、趣味に関しては他人の批判なんて聞く必要ないんですよ。自分が楽しけりゃそれでイイんです。どんどん自由に楽しんじゃって下さい。

逆に言えば、他人の趣味を批判するのも間違いなんです。他人の趣味を見て「好きじゃない」と思うなら、放っておけば良いんです。それを放っておけない人はただの暇人なんですよ。自分が楽しくないから楽しんでいる人に嫉妬しているんです。自分がつまらないと思う事に目を向ける暇があったら、その時間を自分が楽しいと思える事に使って下さいね。

あと、最後に付け加えておきますけど、いくら趣味は自由といっても他人の迷惑にならないよう配慮して行動したいですね。

|

« 椿町周辺 | トップページ | 喫茶と軽食 すず »

□ その他(30)」カテゴリの記事