« 奥多摩名物 へそまん総本舗 | トップページ | FIビル »

2019年8月14日 (水)

名店ビル

 

Bbm01

こちらは高田馬場駅前の「名店ビル」。私は昭和46年〜昭和62年(3才〜19才)まで高田馬場に住んでいたのでこのビルには昔ずいぶんとお世話になったのですが、先日「うおのめ とるこ」さんからこのビルに大きなタイルアートがあるとの情報を頂き、さっそく写真を撮りに来ました。

 

Bbm02

こちらが、そのタイルアート。このビルが竣工した昭和44年からずっと変わってなさそうですね。 何を表した絵なのか分かりませんけど、昭和全開で凄くカワイイです。というか、今まで何度も視界に入っていたはずなのですが、意識を向けないと記憶に残らないものなんですね。

 

Bbm03

ビルは4階から7階が少し引っ込んでいるため最上階の8階がせり出している感じになっています。

 

Bbm04

高田馬場で暮らしていたあの時から30年以上が経った今、ビルの内部がどのように変化したか気になったので、ちょっと中へ入ってみようと思います。テナントの案内看板を見るとだいぶ状況が変わっているようですが、、、。これより先の記事は自己満足で書きますので面白くないと思いますがご了承下さい。

 

Bbm05

このエスカレーターを上がると2階に「ムトウ」というレコード店があったんですけど、まだあるのかな、、。

 

Bbm06

わ、エスカレーターの途中で早くもムトウがなくなっている事が判りました。ガストに変わったのか、、、。

 

Bbm07

いつ閉店したんだろう。ムトウは1980年に私が自分の金(といっても毎月の小遣いからですが)で初めてレコードを買ったお店で、けっこう思い入れがあるのでちょっとショックです。ちなみに、最初に買ったレコードは「YMO/X∞ MULTIPLIES」で、今でも大切に保管してあります。他にも沢山買ったなー。お店はレコードの他にも楽譜や楽器も置いてありましたけど、この記事を読みながら「知ってる!」って人が居たら嬉しいなあ。レコードを入れる紙袋は茶色と白のストライプなんですよね。

 

Bbm08

エスカレーターは2階までの上りしかないので、帰りは必然的にこの階段を下りる事になります。階段は昔と何も変わっていないようですね。

 

Bbm09

ノコギリ階段とスピーカー。

 

Bbm10

そして、階段でそのまま地下まで下りてきました。昔はココが食堂街だったんですよねー。もう食堂街がなくなってしまった事は噂で聞いていましたが、実際に見るとやっぱりちょっと悲しいです。ココにあった食堂街は今でいうところのフードコートみたいな感じで、中央に楕円のカウンターのカレー屋があって、その周りにカウンターオンリーの定食屋などいろんな店が並んでいました。カレー屋では、生卵カレー(330円?)やハンバーグカレー(500円? )を一時期毎日のように食べていたなー。定食屋の肉豆腐も美味しくてよく食べた。そうそう、あと、トイレが男女共用なので小便をしているところに普通に女の人が入ってきたりしましたけど、今じゃちょっと考えられないですよね(笑。

 

Bbm11

お隣の鍵屋は健在。昔に一度だけ利用した事がありましたけど、変わってないです。

 

Bbm12

ちなみに、横断歩道を渡った先(SUIT SELECTと書いてある場所)にもレコード店の「ムトウ」があったんですけど、なくなったのはずいぶん前なのかも知れませんね。

 

名店ビル
東京都新宿区高田馬場1-26-7

|

« 奥多摩名物 へそまん総本舗 | トップページ | FIビル »