2024年2月27日 (火)

祇園商店街

 

Gos01

さてさて、大箱屋の大場さんと巡る狭山レポートの続きですが、狭山市駅東口付近で古いアーケードを発見しました。ちょっと見えずらいですが、緑色のテントの左側と、右側の赤い壁の部分にアーケードの出入り口があります。

 

Gos02

細い鉄骨が時代を感じさせるなぁ。アーケードに限った話ではないですが、古ければ古いほど、建築に細い鉄パイプが使われていたりします。このアーケードは昭和30年代くらいですかね? 僕の知る限りでは、埼玉県に現存するアーケードで一番古いかもしれません。

 

Gos03

カッコイイので、もういっちょ別角度から。通気を良くするためなのか、屋根の中央が一段高くなっていて、上の段と下の段の波板の間に隙間があります。

 

Gos04

何はともあれ、通り抜けてみましょう。ちなみに、商店街名が不明なので、記事タイトルは地名をそのまま商店街名にしてあります。

 

Gos05

右手には営業中のお茶屋さんがあります。他のお店は、どこもシャッターが下りていますね。

 

Gos06

屋根に吊るされた蛍光灯もイイ感じ。どうやら、このアーケードはTの字になっているようです。

 

Gos07

右側は行き止まりですが、昔ながらのパーマ屋さんが現役営業中です。ちょっと見えづらいですが、店内に70年代全開のラタン製のパーテーションがあります。

 

Gos08

左側は全てシャッターが下りていました。

 

Gos09

反対側の出入り口。

 

祇園商店街
埼玉県狭山市祇園17-36 辺り

|

«中原商店街