« COFFEE サン | トップページ | あけましておめでとうございます »

2018年12月31日 (月)

喫茶 コンパル 大須本店/the other(ジ・アザー)

 

01
名古屋レポートの続きですが、市内を探索中に思いつきで大須にある60s&70sファッション専門店「the other(ジ・アザー)」の鈴木さんに挨拶に伺うと、お仕事中にもかかわらず近所の「喫茶 コンパル 大須本店 」へ案内してくれました。コンパルといえば高崎の喫茶が有名ですが、大須にもあったなんて知らなかったなぁ。ところで、Twitterを利用している昭和好きであればご存知の人も多いと思いますが、鈴木さんは「昭和元禄 アングラポップ(@BlackXjs)」さんです。鈴木さんとの縁については後ほどお話するとして、、、まずは店内の様子から。

 

02
店内は比較的広く基本板張りなのですが、奥にタイル張りの壁があり、その付近のテーブル席へ座らせて頂きました。ブラケットライトはランプのホヤのような珍しい形をしています。

 

03
ベルベットの椅子は一見平凡ですが、よく見ると側面が木材でとてもスタイリッシュです。床も板張りだし、内装にけっこうお金かかってるんじゃないかなぁ、といった印象。

 

04
注文を取りにきてくれたウェイトレスさんに「お店の写真撮らせてもらって良いですか。」と聞くと「あ、どうぞー(笑。」と、めっちゃ軽い感じでOKしてくれました。

 

05
ここから先は喫茶とは関係のない私生活の話というか昔話になるので興味のない人はスルーして下さい。鈴木さんとお会いするのは今回が初めてなのですが、鈴木さんは名古屋方面、僕は東京方面の60's
70'sクラブシーンにもうかれこれ30年出入りしていまして(最近はご無沙汰してますが)共通の友人が数えきれないほど沢山いたりして、今までお会いした事がないのが不思議なくらいだったんです。なので、ようやく!!といった感じでしたね。鈴木さんも僕の事が夢に出てくるほど会いたかったそうで(笑。このクラブシーンとは簡単に説明しますと、60年代や70年代が好きな人がその時代のファッションを身にまとい、その手のクラブイベントに集いDJやバンドで夜更かしをする所謂ストリートカルチャーなんですが、有名なところでいえば「東京スカパラダイスオーケストラ」「コレクターズ」「ザ・ヘア」と言えば解りやすいかな。そんな感じの人たちが出入りしていた場所です。昔はそのクラブシーンも活気があったんですがね、近頃はちょっと勢いがなくなってきているようで寂しさもあったりするわけです。顔を出す人もどんどん高齢化しているし。衰退の原因は少子化だったり時代と共に遊びの選択肢が増えた事などいろいろあるんでしょうけど、客観的に今の若い子って真面目なんですよね。今の若い子の大半は夜遊びしないでしょ?昔はオールナイトのクラブイベントがしょっちゅうあったので僕らが若い頃は朝と夜がひっくり返った生活をしてましたけど、今ってオールナイトのイベントすら殆どないですもんね。それもまあ全て時代の流れですね。そう、話が飛びますけど、鈴木さんがTwitterにUPされている貴重な写真の数々、どんな本からどんなふうにUPしているかって話が興味深かったですねー。まあ、そんな話をしらながら1時間くらいだったかな(もっと?)、まったりしてお店を出ました。私信:鈴木さん、アイスコーヒーご馳走になっちゃいましてありがとうございました。杉岡さん、お店で長い時間おしゃべりにつき合って頂きありがとうございました(笑。

 

06
the other(ジ・アザー)」。60s&70sのオシャレな服がたくさん売ってるので、興味のある人は下のリンクをクリックしてみて下さい。

 

喫茶 コンパル 大須本店
愛知県名古屋市中区大須3-20-19

the other(ジ・アザー)

|

« COFFEE サン | トップページ | あけましておめでとうございます »