« 廃墟 パチンコ 赤玉 | トップページ | 喫茶 軽食 セブン »

2020年1月18日 (土)

JAみくまの 宇久井支所

 

Ja01_20200118021901

紀伊半島一周レポートの続きですが、新宮から国道42号線で紀伊勝浦方面へ南下する途中、宇久井駅の目の前でカッコイイビルを発見したので写真に収める事にしました。それにしても奇抜なデザインだなー。こういう塀がツノのように突き出たビルは大好物です。

 

Ja02_20200118021901

JAかー、やっぱりね。見つけた瞬間そうじゃないかと思いました。JAビルについては昔から何度も取り上げていますが、JAって、何でこんなに個性的なデザインが多いんだろう。ひとつとして同じデザインのものはないのですが、この反骨精神とも受け取れる奇抜さはJAビルの多くに共通する特徴でもあります。

 

Ja03_20200118021901

明朝体に斜体がかかったような文字も高度成長期の匂いがプンプンします。

 

Ja04_20200118021901

Wが連続したような屋根部分。

 

Ja05_20200118021901

側面の様子。上階は正面と同様、窓を厳重にガードするかのごとくしっかりとした横格子に覆われています。

 

Ja06_20200118022001

階段の踊り場部分と思われる窓にはこの時代のビルによく見られる張り出した枠があります。

 

Ja07_20200118022001

面格子と型板ガラスの絡みもステキ。

 

Ja08_20200118022001

全景。

 

JAみくまの 宇久井支所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字宇久井114

|

« 廃墟 パチンコ 赤玉 | トップページ | 喫茶 軽食 セブン »