« 喫茶 軽食 セブン | トップページ | 純喫茶 亜珈里 »

2020年1月21日 (火)

最も天国に近い曲


脱線記事です。僕もそれなりに音楽が好きで、ポップな曲、ハードな曲、グルーヴィーな曲、ソウルフルな曲などわりと何でも聴くのですが、「最も天国に近い曲」と言いますか、聴いているととっても幸せな気持ちになれる曲は何かな?と考えると、個人的なベスト3は、ビートルズの「All My Loving」、マンフレッド・マンの「Semi-Detached Suburban Mr James」、シルヴィ・ヴァルタンの「あなたのとりこ」(年代順)ですね。どれもオールディーズなのはたまたまというか好みが出ているのかも知れませんが、何かちょっと気分が落ち込んでいる時などに聴くと、天国に導かれるように気分が晴れて元気になれます。


そのうち、「最も切ない気分になる曲」のベスト3も紹介しちゃおうかなぁ。完全にブロクを私物化してますが(汗。(というか私物なんですけど)。


The Beatles - All My Loving(1963)


Manfred Mann - Semi-Detached, Suburban Mr. James(1966)


Sylvie Vartan - Irrésistiblement(1968)

|

« 喫茶 軽食 セブン | トップページ | 純喫茶 亜珈里 »

□ その他(37)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫茶 軽食 セブン | トップページ | 純喫茶 亜珈里 »