« 廃墟 波トタンに覆われた工場 | トップページ | 松原通り商店街 »

2020年5月17日 (日)

喫茶 軽食 サンフィールド

 

Sf01

御坊レポートの続きですが、引き続き国道42号線を北上すると、間も無く「喫茶店 軽食 サンフィールド」と書かれた看板が見えてきました。

 

Sf02

昭和喫茶のようなので休憩がてらちょと寄ってみますかね。

 

Sf03

わ、ショーケースのサンプルが早くも良い感じ。何はともあれさっそく入店してみましょう。

 

Sf04

入店したのは昼過ぎの中途半な時間だったかなぁ。店内はけっこう広いのですが、お客さんは一人も居ませんでした。内装は開業時から殆ど変わっていないようで、照明器具もあれこれステキです。写真の照明器具は以前まったく同じものを所有していた事がありますけど、この時代のアクリル製ペンダントライトの中では最上級のプレミアムがついているものです。相模湖公園の土産屋にもこれと同じオレンジや紫色のものが吊るされていたけど、御目に掛かるのは久しぶりかも。

 

Sf05

こちらの照明器具は北海道で何度か見かけたけど内地で見るのは初めてかも知れない。

 

Sf06

広い店内に白の丸っこい椅子がズラッと並んでいます。こちらのお店は若い女性が2人で切り盛りされているようで、僕が内装に関心を示すといろいろと話を聞かせてくれたのですが、今までに僕のように内装目当てのお客さんが来るのは初めてとおっしゃっていました(2018年11月の時点で)。

 

Sf07

開業は昭和48年。昔はこの付近にも喫茶店が複数あったそうですが、高速道路が出来てからその殆どが閉店してしまい、現在この周辺で残っているのはこのサンフィールドだけになってしまったそうです。高速道路も便利ですけど、地元で商売をしてる人にとっては大打撃ですよね。

 

Sf08

入り口脇にある金物パーテーションもイイ感じです。

 

Sf09

トーストとアイスコーヒーで一服。

 

喫茶 軽食 サンフィールド
和歌山県御坊市名田町楠井-2204

|

« 廃墟 波トタンに覆われた工場 | トップページ | 松原通り商店街 »