« お食事・喫茶 一福 | トップページ | 船尾市場 »

2020年6月18日 (木)

レストラン 紀文

 

01_20200618025301

海南レポートの続きですが、前回の記事でご紹介した「お食事・喫茶 一福」を出たあと引き続き国道42号線を北上すると、数分もしないうちにまたまた気になるお店を発見。カレーを食べた直後でお腹がいっぱいですが、一応どんなお店か確かめないと気が済まないので寄ってみる事にしました。ご覧の通り自動販売機は稼働していますが、どうやらお店自体は現役ではなさそうです。

 

02_20200618025301

「レストラン 紀文」と書いてますね。そういえば、数回前の記事で同国道沿いにある「旅館 & 喫茶 リングスリー」をインスタに投稿したところ、この辺りの昔を知る方から「リングスリーは以前はドライブイン的なレストランで、店名が紀文だった」との情報を頂いたのですが、こちらのお店と同じ名前なのでもしかしたら姉妹関係にあったのかも知れません。更には、この辺りは和歌山きっての港町で、その昔和歌山のみかんを江戸に船で運び大富豪になった紀伊國屋文左衛門に因んでいるのかも知れないとの事でした。なるほどー。

 

03_20200618025301

建物は2階部の塀が落下しちゃっています(落下した塀が一階部にもたれ掛かっています)。念のため所在地を確認しようと思いネットで調べてみたところ食べログに情報が載っていたので、閉店したのはさほど昔ではなさそうですが、閉店の理由は建物自体の耐久性なども影響していたのかも知れませんね。

 

04_20200618025401

こちらの塀も欠落しています。入り口の窓から店内の様子を見たところ一応大きなテーブル等は残されていましたが、わりと綺麗に片付けられていました。

 

05_20200618025401

いつか、改修して復活してくれると良いな。

|

« お食事・喫茶 一福 | トップページ | 船尾市場 »