« 喫茶 ロータリー | トップページ | 阪急東中通商店街 »

2021年6月15日 (火)

深日町駅

 

Fukecho01

大阪レポートの続きですが、府道752号を走行中に気になる駅を発見しました。ここは前回の記事でご紹介した「喫茶 ロータリー」の目の前です。発見した時は駅名が読めなかったのですが、「深日町駅」は「ふけちょう駅」と読むのだそうですね。木造のかなり古そうな駅舎ですが、調べによりますと開業は昭和19年で、当初は近畿日本鉄道の駅だったそうです(現在は南海電気鉄道多奈川線)。左側にある、これまた古そうな高架下の連続アーチは、現在自転車置き場として使われているようです。

 

Fukecho02

この駅は無人駅のようですが、駅の反対側を見ると、左手にある歩道橋の奥にかなり古そうな階段が見えます。この階段は現在使われておらず立ち入る事ができないのですが、階段の途中に草木が茂って廃墟さながらの光景です。歩道橋が邪魔で見えにくいですが、連続アーチとの絡みもヤバイ。ところで、アーチの上にあるのはホームのベンチの屋根のようですけど、古いものなのかな? デザインがカッコイイ。

 

Fukecho03

そして、駅の横には府道752号を跨ぐ鉄橋があります。どうですか、この光景。古いものが好きな人だったら、ここを車で通ったら絶対に気になりますよね。

 

Fukecho04

鉄骨の組み方からして、かなり古い事が判りますけど、造られたのは駅と同時の昭和19年ですかね? 調べても情報は出てきませんでしたけど、多分その頃でしょう。

 

Fukecho05

この鉄骨の組み方ヤバくないですか???

 

Fukecho06

もういっちょ。僕は鉄道に詳しくないし、それほど関心もないんですけど、この鉄橋は建造物として凄いと思う。

 

Fukecho07

あ、ちょうど電車が来た。

 

深日町駅
大阪府泉南郡岬町深日1433

|

« 喫茶 ロータリー | トップページ | 阪急東中通商店街 »