« 純喫茶 月光 | トップページ | 純喫茶 ティファニー »

2021年7月14日 (水)

廃墟 一の丸 ドライブイン

 

Imd01

メリコさんガイドツアー」の続きですが、福山市から岡山県に入り、「一の丸 ドライブイン」に訪れました。そうそう、前回の記事で、訪問する場所はぜんぶメリコさんにお任せと書きましたけど、ココだけは僕がリクエストしました。というのも、以前にメリコさんが撮られた写真を見て、このドライブインだけはどうしても一度この目で見てみたかったんですよね。ここは見所がいくつもあるのですが、まずはお城の形をした建物から見ていきましょう。

 

Imd02

詳しい事は不明ですが、開業はおそらく70年代、廃業したのは86年頃という情報があります。それにしても、まるで本物のお城のようですね。屋根もちゃんと本物の瓦が使われていて、てっぺんにはシャチホコまであります。僕はお城に詳しくないので名称が分からないですが、写真の下の方の壁に、鉄砲を出す三角形や四角形の穴まで作られています。

 

Imd03

この辺りの角度から見ても、本物のお城の廃墟にしか見えないですね。ちなみに、当ブログに度々廃墟が登場しますけど、僕は廃墟が見たくて訪れているわけではなく、昭和の面影が残っているものがたまたま廃墟だった、というだけです。

 

Imd04

こちらは、建物の側面の入り口周り。丸い電飾看板は色褪せて「ドライブイン」しか読めませんけど、落書きの下にしっかりと「一の丸」と大きく書かれています。右側の観音開きのガラスドアは、内側から板で完全に塞がれていますね。

 

Imd05

アクリル製のドアハンドルも、70年代全開です。

 

Imd06

そして、一番見たかったのがコレっ!! カワイイーーー!! ドライブイン問わず、こんなにカワイイ看板は滅多にありません! メリコさんが撮った写真を見た時はそれほど大きく見えなかったんですけど、実際に見るとめっちゃデカいです。きっと、この写真でも大きさが伝わらないと思うんですけど、手前の小さい方でも3メートルくらいあるんですよ。ちょっと面倒ですけど、一番最初の写真を見て下さい。大型トラックと同じくらいの高さがあるのが分かると思います。きっと、大きい方の看板は10メートルくらいあるんじゃないかな?

 

Imd07

この形って、太陽と月ですよね? 点滅球に縁取られた表面は、無数のスパンコールに覆われています。上の方は殆どなくなっちゃってますけど(汗。ところで、太陽の下に何か四角い機械がぶら下がってますけど、何ですかね? 点滅球のリレー装置かな? 細かい話ですけど、月の側面が覆われているので、きっと太陽の方も元は側面が覆われていたんでしょうね。

 

Imd08

太陽と月の看板、一の丸という名前、そして、お城の形をした建物。このドライブインには、いったいどんなコンセプトがあったんだろう。謎。

 

Imd09

斜めった営業中の看板は、倒れないようにハシゴで支えられています。まあ、今となっては支えておく意味もあまりないですけど、古いもの好きとしては、このまま倒れないでいて欲しいですね。

 

Imd10

そして、お城の建物の反対側にはトイレがあります。そうそう、噂によりますと、このドライブインは心霊スポットとしても知られているそうで、何やらこのトイレに幽霊が出るらしいですよ。訪問した時はそれを知らず(メリコさんは知っていたと思いますが)、トイレの中の写真も撮ったんですけど、呪われたら怖いので載せるのはやめておきます(汗。

 

 

 

|

« 純喫茶 月光 | トップページ | 純喫茶 ティファニー »