« カレー & コーヒーショップ ひぐち | トップページ | 味の名所 有楽街 »

2022年7月23日 (土)

栄町銀天街

 

Gtg01

門司港周辺レポートの続きですが、こちらは、この街の中心部となる栄町を横断するアーケード「栄町銀天街」。この入り口は駅前大通りの交差点からすぐに見える場所にあるので、昭和の街並みが好きな人であれば、見落とす事はまずないでしょう。見たところ、かなり長い商店街のようですが、何はともあれ通り抜けてみたいと思います。

 

Gtg02

屋根の感じからして、このアーケードには半世紀くらいの歴史がありそうですね。もちろん、商店街自体はもっと古いと思いますけど。この写真には、たまたま人が数人写っていますが、規模のわりには人通りは少ないようです。

 

Gtg03

さっそくイイ感じの食堂がありました。「平民食堂」ですって。戦後の外食券が配給式だった頃の民生食堂と同じようなものなんですかね? 入り口のドアには「暫くの間、臨時休業致します」って張り紙があるけど、いつか営業再開してくれるのかな? して欲しいなぁ。

 

Gtg04

大衆向って表記もレアですね。

 

Gtg05

ウェイトレスの制服がカワイイ。

 

Gtg06

コチラは看板に「ダイヤモンド毛糸」って書いてあるから、手芸店かな? 更に看板をよく見ると、パネルが何枚か貼られています。

 

Gtg07

東洋紡の広告か。パンツがフレアだったり、ポンチョやフリンジなどヒッピーテイストが盛り込まれている感じからして、70年代前半頃のものですね。一番右の女の子のパンツが、やたら食い込んでいるのが気になりますが(汗。

 

Gtg08

所々更地が見受けられますが、飛び石で古いビルが続きます。左手のビルは一階が現役のたばこ店ですが、上階は何かの店だったのかな?

 

Gtg09

店内?は片付けられていないようで、窓際には天井まで物が積み上げられています。いろいろお宝が眠ってそうだな。室外機は三菱の「霧ヶ峰」ですね。

 

Gtg10

3階の窓際も、同じような状態です。

 

Gtg11

おっと。茶色のタイルに覆われたイイ感じのビルを発見。ちょっと階段を覗いてみますかね。

 

Gtg12

うおー、これまた可愛いタイルのコラボ。70年代って、ホントポップだよなー。右側の花のような模様が、昔あった「クルクルエカキ」というおもちゃで描ける模様みたいですね。調べたら、今でも似たようなものが売られているようですが。

 

Gtg13

お、何やら気になる誘導看板を見つけました。ちょっと矢印の方へ行ってみましょう。つづく。

 

栄町銀天街
福岡県北九州市門司区栄町6−5 辺り

|

« カレー & コーヒーショップ ひぐち | トップページ | 味の名所 有楽街 »