« 喫茶 香 | トップページ | 神路一番街商店街/神路銀座商店街 »

2023年1月25日 (水)

喫茶 むらかみ

 

Mkm01

大阪レポートの続きですが、続いては東成区の「神路一番街商店街」にある「喫茶 むらかみ」に訪れました。かなり歴史がありそうな佇まいですね。緞帳(どんちょう)のようにフリンジが付いた暖簾や「喫茶」の文字が個性的です。

 

Mkm02

ショーケースの下にはモザイクタイルがぎっしり張られ、壁が緩やかに窄まっています。床のタイルも凝ってるなー。何はともあれ、さっそくお邪魔してみましょう。

 

Mkm03

入店すると、店内に数名のお客さんが居たので、とりあえず一番手前の端っこの席へ座らせて頂きました。すると、比較的若いママさんが笑顔で話しかけてくれました。「どこから来たの?」どうやら、僕がこの辺りの者ではないと、すぐに分かったようです(汗。ついでにいろいろとお話を伺いましたところ、創業は70年くらい前になるそうで、ママさんは2代目なのだそうです。70年前といえば、戦後間もない頃ですね。タイルがぎっしり張られたカウンターや奥の食器棚など、店内は当時の面影を色濃く残しています。そういえば、タイルが張られたカウンターの喫茶って、神戸の「白鳥」や、松本の「塩川」などでも見た事があるけど、最近はだいぶ見かけなくなったような気がするなぁ。

 

Mkm04

入り口ドアの脇に手洗いシンクがあるのも、この時代の飲食店の特徴ですね。花のシールもカワユイです。

 

Mkm05

ドアガラスや窓にモールガラスが使われているのも、当時らしさ全開です。金色の文字の入り方が、この時代の事務所などのお堅い雰囲気っぽくてイイですね。

 

Mkm06

何を注文しようかな。メニューの値段も昔からあまり値上げしていないようでう、ずいぶん安いですね。殆どが300円代だし、モーニングが350円ですよ。

 

Mkm07

ちょっと迷いましたが、カルピスを頂きました。ごちそうさまでした。

 

喫茶 むらかみ
大阪府大阪市東成区大今里2丁目34-19

|

« 喫茶 香 | トップページ | 神路一番街商店街/神路銀座商店街 »