« 文の里商店街 | トップページ | 喫茶 香 »

2023年1月22日 (日)

文の里 明浄通商店街

 

Bms01

さてと、前回の記事の続きですが、昭和町の「文の里商店街」を抜けると、またすぐ目の前にアーケード街が見えてきました。看板を見ると、「文の里 明浄通商店街」と書いてありますね。文字がアクリルなのか分かりませんけど、アクリルが経年で焼けたような色をしています。けっこう古そうなアーケードですね。何はともあれ、中へ入ってみましょう。

 

Bms02

見たところ、短い商店街のようですね。屋根の中央には、手動で開閉できるビニールテントが掛かっています(吊るされた複数の縄で開閉するものと思われます)。

 

Bms03

看板がカワイイですね。

 

Bms04

こちらの商店は、洋品店のようです。「ファッションハウス」というのが、いかにも昭和的ですね。店名ロゴもオシャレです。店頭に置かれた衝立に「テナント募集」と書かれているので、現役ではないようですね。

 

Bms05

おっと、渋いお店を発見です。英文字で「ササヤ」と書かれていますね。現役感はないですが、よく見ると「COFFEE & WHISKY」と書いてあるので、喫茶&スナックだったようです。

 

Bms06

エントランスの壁に張られた緑色のタイルや2灯ブラケットライトが60'sテイストでツボです。僕の場合、70年代も大好きなんですけど、60年代生まれなので、やっぱり60'sな雰囲気の方がグッとくるんですよねー。

 

Bms07

そのお隣には、これまた渋い寿司屋さんがあります。ここへ訪れた時は営業していなかったので廃業していると思ったのですが、この記事を書くにあたって調べてみたところ、どうやら現役店のようです。開いていたら入ったのになー。次の機会に絶対に再訪しよう。

 

Bms08

電飾看板もサイコーです。大阪レポート、まだまだ続きます。

 

文の里 明浄通商店街
大阪府大阪市阿倍野区文の里4-1-5 辺り

|

« 文の里商店街 | トップページ | 喫茶 香 »