« 新町ビル街 | トップページ | 県庁通り 昭和ビル群 »

2023年11月24日 (金)

新町ビル街 内部

 

Smbn01

前回の記事の続きですが、新町ビル街の「ヤキマル」で焼きそばを頂いたあと、ご主人から情報を頂いたビルの内部を覗かせてもらうことにしました。

 

Smbn02

入り口の頭上には、壊れてサビついた看板が突き出ています。ひん曲がっているのは、おそらく貨物自動車のボディの角がぶつかったんでしょうね。何はともあれ、内部を覗いてみましょう。

 

Smbn03

んー、内部は壁から階段まで、すべてがコンクリート打ちっぱなしで、とても無機質な雰囲気です。

 

Smbn04

ずいぶん長い階段だな。とりあえず、ちょっと上がってみますかね。

 

Smbn05

パイプ製の柵が、昭和中期ならではといった感じです。かなり老朽化が進んでいるようで、階段の喉元がボロボロ剥がれ落ちています。

 

Smbn06

階段を踊り場から見た様子。シンプルな階段スペースではありますが、これだけ当時のまんまの現役ビルは、なかなか無いんじゃないかと思います。

 

Smbn07

こちらは、一階部の通路。ビル内はすべてコンクリート打ちっぱなしなんですね。

 

Smbn08

ニャー。 写真を撮った時は気が付きませんでしたけど、後ろの看板、「すなっく」の間違いですかね???(汗。

 

 

|

« 新町ビル街 | トップページ | 県庁通り 昭和ビル群 »