« 米子本通り商店街 | トップページ | 林そば屋 »

2024年1月30日 (火)

すえよし通り 食通街周辺

 

Syds01

さてさて、米子レポートの続きですが、こちらは前回の記事でご紹介した「本通り商店街」入り口の向かい側の商店街にあるビル。右手のシャッターが下りている部分は、数年前まで「喫茶 キャープ」があった場所。ここの喫茶のことは10年ほど前に友人から情報をもらっていたのですが、なかなか機会をつくれず入店が叶いませんでした。訪れた時は、既に閉業していることは知っていたんですけどね、せっかく近くまで来たので、跡地を見に来た次第です。

 

Syds02

喫茶の左手には「すえよし通り 食通街」というビル街もあったんですけど、コチラも現役感がないですね。頭上の造花の飾りの中にあった文字も外されてしまっています。

 

Syds03

現役のうちに見れなかったのは残念ですけど、この造花が見れただけでも良しとしましょう。

 

Syds04

せっかくなので、商店街を散策してみることにしました。右手の商店は足袋屋さんだったようです。現代は足袋の需要も少ないでしょうから、閉業も時代の流れですね。左手には金物店があります。

 

Syds05

手書きの看板もイイ味が出ています。キーはまだまだ現代でも需要が多いですけど、ホテルのキーなんかはどんどんカードキーになってるし、いつかはこういったキーも姿を消す時代が来るのかもしれないですね。

 

Syds06

お、看板建築の理髪店がありました。理髪店としては現役ではないようですが、2階の窓から室内の蛍光灯の明かりが見えます。

 

Syds07

木製の引き戸が時代を感じさせるコチラの建物は、銃砲と火薬のお店のようです。

 

Syds08

ショーウィンドウの中に「日本クレー射撃協会」のプレートが下がっています。「射撃」の「撃」の漢字が「車」の下に「山」が付いてるんですけど、こういう漢字ってあるんですか? はじめ、「撃」の旧字かと思ったんですけど、そうでもないようですし、主部が車の漢字一覧を調べても、この字がないんですけど(汗。 次回、この商店街で入ったイイお店をご紹介します。

 

すえよし通り 食通街周辺
鳥取県米子市東倉吉町55 辺り

|

« 米子本通り商店街 | トップページ | 林そば屋 »