« 青木海岸展望レストラン 大川オアシス | トップページ | 喫茶 ステーション »

2024年5月 6日 (月)

三本松駅周辺

 

Sbm01

香川県レポートの続きですが、撮り溜めた香川県の写真を整理していたら、2021年と2022年の2回分があることに気がつきまして、いっそのこと並行してUPしていこうと思います。で、今回は2021年5月に訪れた東かがわ市の「三本松駅」周辺のレポートになります。この時、偶然にも駅の目の前で現役と思われる良さげな昭和喫茶を発見したのですが、営業しておらず入店できませんでした。しかし、翌年に2度訪問して入店することが出来たので、次回にご紹介しますね。

 

Sbm02

前置きが長くなりましたが、駅舎の横に、さっそく古そうな建物がありました。波板の屋根の上には、かなりの年代物と思われる室外機があります。現代の室外機と比べると、奥行きがありますね。

 

Sbm03

その並びに、昭和中期頃のものと思われるビルが見えます。ちょっと近くまで行ってみましょう。

 

Sbm04

連続アーチにくり抜かれた壁がカッコイイなぁ。よく見ると壁にいろいろ絵が描かれています。

 

Sbm05

連続アーチの右の角の部分の処理がユニークです。普通の感覚だとアーチをキリがいいところに並べますが、右端のアーチが3分の2くらいのところで直角に折れ曲がっています。

 

Sbm06

ビルの一階部にある看板を見ると、どうやら接骨院があったようです。この様子だと廃業してからけっこうな時間が経ってそうですが。

 

Sbm07

これは接骨院で使われていた椅子ですかね? 脚がクレーンのように上下するようです。

 

Sbm08

そして、その横にはムック(ポンキッキのね)状態になった三角屋根の建物があります。さすがにもう人は住んでなさそうですが、何の建物だったのかな?

 

Sbm09

奥の方に、花柄の布団?のようなものが掛けられていました。ということで、次回、駅の目の前にあったサテンをご紹介します。

 

三本松駅
香川県東かがわ市三本松

|

« 青木海岸展望レストラン 大川オアシス | トップページ | 喫茶 ステーション »